お問い合わせ・資料請求はこちら

0465-34-8688

営業時間 9:00 ~ 18:00 (日・祝定休)

ハマーホームの家づくり

ZEHビルダーとは?
2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。経済産業省はこの目標の達成に向け、2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光エネルギーを創ることにより、 年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス0にする住宅です。 温室効果ガスの排出量削減が世界的な課題となっている昨今、 日本国内においても「住宅の省エネ化は最重要課題の1つ」として挙げられます。

そこで、これまでの省エネ住宅に加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量の方が多いZEHの暮らしが注目されています。

ZEHの周知・普及に向けた弊社の取り組み

一般住宅(戸建てやマンション等)におけるエネルギー消費量が年々増加傾向であり、限りあるエネルギーの有効活用をすることが次世代への責務と捉え、自社への問い合わせや見込顧客の方々へ向けて、ホームページや家づくり勉強会などのイベント、パンフレットなどでZEH住宅への取り組みや活動を積極的にPRし周知活動をしてまいります。 また、お客様へZEHとZEH以外の住宅性能の違いを明確に説明していくことでお客様にZEH住宅で暮らすことのメリットを知っていただきZEH の普及に努めます。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

各取引先に自社がZEHに取り組む意義を理解してもらい、ZEH仕様を標準化する事で材料の無駄を省く事はもちろん、年間の採用数量 を増やすことでコストダウンの折衝をいたします。また、より高い省エネ性や発電効率の良い屋根形状も考慮したZEHに向けたモデルプランの 作成を行い、コストの削減に取り組みます。

その他の取り組みなど

  • 自社主催のZEH見学会イベントなどでZEHに関する勉強会を開催いたします。
  • 社員のZEH関連の省エネ勉強会・セミナーへの参加を促進し、社内のZEHへのスキルを高めてまいります。
  • 将来は、自社でソフトを使った解析を行い、タイムリーにお客様へZEHのご説明が出来る様行ってまいります。
  • 高齢化社会において、住まいでのヒートショックの低減や、永く快適で健康に住むことができる住宅を提供してまいります。


ハマーホームの耐震住宅

弊社では住まいの性能について「耐震性能」と「断熱性能」が最も重要と考えております。 広いリビングや高価なシステムキッチンも魅力的ですが、住宅の性能に少し余分に予算を掛けることは、永く住まわれるための安心感と快適性を得る必要不可欠な事だと考えております。 すべての新築住宅を耐震等級2とすることで、近年多発している震災からご家族を守ります。 また、断熱性能は次世代省エネ基準に準じてご提案いたします。この省エネ基準は2020年に義務化となり、全ての新築住宅で採用しなければなりませんが、 ハマーホーム株式会社は既に全棟にこの省エネ基準を採用しています。

ベタ基礎

ベタ基礎とは?
ベタコンクリート基礎は家の重量を点ではなく面で支えます。 そのため、建物の不同等沈下を防ぎます。 また、地面を防湿フィルムとコンクリートで覆うので地面からの湿気を防ぎます。 構造計算などにより指示された径の鉄筋を指示されたピッチごとに配置します。 これで、ベタ基礎の強度がさらに高まります。

剛床工法(根太レス工法)

剛床工法(根太レス工法)とは? 従来は、床梁または土台大引きの上に根太を施工して、その上に厚さ12㎜の構造用合板を 張りますが、 経年劣化により根太の歪み、痩せ、腐食などが床なりの原因となります。 当社は、根太を設けず、厚さ24mmの構造用合板を直接施工する剛床工法を採用しています (1・2階床)。 利点は経年劣化による床なり、へこみ等が少なく、地震や台風時に発生する水平力(横揺れ) に対して強いのが特徴です。

耐震パネル

耐震パネルとは?
木造軸組み本来の筋交いにプラスして、建物外周を耐震パネルで覆います。 筋交いの弱点である引っ張り方向の力にも面全体で支えることにより、建物の崩壊・倒壊 を防ぎます。 高耐震に加えて、防火性能に優れ、腐りにくく、白蟻にも強さを発揮。丈夫で長持ちする 住まいづくりを目指します。

ハマーホームの断熱住宅

断熱構造

現在日本では、冬季の「ヒートショック」による入浴中の事故死だけでも年間1万9千人 以上にのぼるとされています。 近年は年間5千人を下回るようになってきた交通事故死者数よりもはるかに多く、大きな 社会問題となっています。 厳しい基準をクリアした省エネルギー住宅は、ご家族の健康を守るだけではなく、冷暖房費 を抑えることで家計にも優しい住宅なのです。 また、結露やカビの発生も抑えられるので、お掃除や修繕などの手間も省けます。